in 自力整体

開くということ・・・

-0 COMMENT
開くということ

筋肉がゆるむとツボが開く


すると外のエネルギーが

どんどん体内に入り込んで 元気をくれる


緊張するとツボが閉じ

外界のエネルギーは入らず 元気を失う


開け、どんどん自分を開け


開くことは無防備になる事ではない

多くのエネルギーをもらえる姿なのだ

開け、どんどん自分を開け

こわがるな 力を抜いて ゆるめて開け


どんどん開いて 天とつながれ


                by 矢上 裕



自力整体の師匠 矢上裕先生の言葉は

時々癒しの音楽に乗って

私の心の中に入ってきます・・・



ツボを開く・・・

体にコリがあると

「氣」が関節でブロックされて

巡らなくなってしまうんです。

だから身体をほぐすって とっても大切なの・・・

じゃあ

氣って何なの?

ネットで検索すると いろいろ出てきて

大体の事は理解ができると思う。

でも実際、「氣」を身体で感じることができる人は

東洋医学に慣れ親しんだ人や

ポジティブシンキングな人

何の悩みも心配もなく、そして心が透き通っている人

そんな人でない限り

意識をしないで氣を感じることができる人は少ないでしょう

自力整体をすると

「氣」を感じることができます。

足先から指先

頭の天辺まで気が巡っていることを感じることができるんです。

「氣」はイメージしないと流れません

自力整体をしながら

「氣」が巡っていることをイメージしましょう

イメージ

イメージ・・・

イメージすることが 大切・・・。





  • Share

0 Comments

Leave a comment